« いじめ撲滅!彩の国タウンミーティング | トップページ | 「いじめを許さない教師の会」 全国大会に向けて »

始動 ~「教師の会 第1回学習会」

いじめを許さない教師の会~第一回学習会~

 平成20年6月21日(土)午後6時より浦和パルコ コミュニティーセンターに「教師の会」のメンバーが集まった。話し合われた内容は以下の通り。

   現状・事例など

  私立高校 男性教員

  いじめに関しては生徒指導部が動くという体制ができている。最近の事例として・・ふざけから生徒間の言動がおかしくなり、いじめられている生徒が不登校、リストカット。→指導部入る→いじめ側の事情聴取 「ぼくも傷ついたといえば、いじめられたことになるのですか」と屁理屈を言う→いじめられる側もわるいのでは・・?などというものもでたりしたが、いじめた側の顧問も入り対処。 指導部での指導体制、部活顧問など関係者が連携してすぐに対処している。「いじめに関してはすぐに対処」できる体制が整っている。

  公立中学 男性教員

  最近の事例として・・いじめられた側が診断書を用意しているが、親はいじめ側の報復がこわくて先へ進めない。いじめ側の生徒はそのまま修学旅行にも参加。

  県立高校 男性教員

  落ち着いた学校。年に1,2回いじめ事例。紙に悪口。そういう場合は担任がすぐ対処「こういうことは許さない」という姿勢を見せる。教員が「毅然とした態度」をする。「傍観者」にどう対応していくかが肝心。SSプラン(品川区でやっている)自分を大切にし、相手の気持ちを考える、という点がポイント。「いじめは犯罪」ということをはっきり自覚させることが大切。

  私立高校 非常勤講師

 対処の仕方には学校差がある。公立中学ではいじめられた側が暴力により怪我をしたときには、警察に訴えるか打診された。あくまでも個人が被害届を出す、ということで。学校側はその件に関しては関与しない、という風であった。あくまでも個人対個人でやってほしいという姿勢。私立高校では、半年以上処置を先延ばしにした。この場合の処置とは、いじめた側の生徒にいじめに関する指導を入れないというもの。いじめられている側の相談に乗るという体裁はとるが、解決には至らない。そのうち、いじめられている側が精神的に衰弱する。小学校の先生は、保護者対応が子供対応以上に大変だという。幼稚園でも少子化の影響か、子供は大切にこそされ、なかなか叱りにくい存在に変わっているという。・・・

  公立小学校 女性教員

 外国人の子供がクラスに2~3人はいるようになった。正しいことと正しくないことをはっきり教えていかなくてはならない。小さなところから教える。早く食い止める技!が必要。国籍の違いなども個性として、1人1人の個性をどう認め合うか、アメリカでは「個性の尊重」も徹が、日本では・・。

 県立高校 非常勤講師

 自由な学校なので、ストレスもなくやっているようだ。ある中学校で、いじめた側の保護者が「うちの子もやられたことがある」と、瞬時に加害者から被害者に転じてしまうという様子を見聞きし、保護者への対応法も必要に感じた。

 公立小学校 女性教員

 問題が起こるクラスは、ルールがないクラス。何か問題を起こしても、その子なりの理由付けがある。自分の理論で正当化している。こういう子は反省ができない。どうやったら子供たちに善悪を理解させることができるのか。万引きも「みんなでやると平気」その子供の親も「自分たちだって子供のころはやっていたよね」で終わってしまう。問題があると、「様子を見ましょう」という言葉が交わされるが、これはダメ。様子を見る、とは何もしない、ということ。対処はスピードで

 

 体験を共有する中から「教師の会」の今後の方向性を探っていく。「いじめ」から子供を救えるのは現場の教師たちである。子供も保護者も、そして教師も一人になってしまった時が一番つらい。その「現場の教師たち」に私たち「教師の会」が提示できるものは何か。

 教員の受け皿としての月1回の集会、教員のいじめプログラム、どうやったらこどもたちに善悪を教えられるか?、組織としてどう動くか?、教師が言ってはいけない言葉とは?保護者にどう対応していくか?、「いじめが出ないクラス作り」を・・・etc

  では、どうするのか。

 

教師研修プログラム3本柱  決定 !!

1 いじめ予防法  (いじめが出ないクラス作り)

2 いじめ対処法  

3 保護者対応法 

  

 次回 7月26日(土) 18時~21時

  浦和パルコ コミュニティーセンター 

  

  

 

|

« いじめ撲滅!彩の国タウンミーティング | トップページ | 「いじめを許さない教師の会」 全国大会に向けて »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 始動 ~「教師の会 第1回学習会」:

« いじめ撲滅!彩の国タウンミーティング | トップページ | 「いじめを許さない教師の会」 全国大会に向けて »