« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

「いじめを許さない教師の会」 全国大会迫る!!

「いじめを許さない教師の会」第一回全国大会迫る!!

 いよいよ、「いじめを許さない教師の会」全国大会があさって(8月23日)に

せまってまいりました。この日に向けて、関係者一同心をこめ、願いをこめて

準備してまいりました。

    

  いじめ問題に一人思い悩んでいる先生

  「なんとかしなくてはならない」と

  突破口を探している先生

  いじめ問題に関心がある方

      ・・・・

     8月23日(土)

     埼玉県さいたま市浦和区  「埼玉会館」で

     お待ちしております。      

      

      

 

 

          

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いじめを許さない教師の会」 全国大会に向けて

 「いじめを許さない教師の会 全国大会」に向けて

  2008年7月23日、浦和パルコ コミュニティーセンターにて「いじめを許さない教師の会 埼玉」の第2回学習会が開かれた。今回は「いじめを許さない教師の会 全国大会」に向けての打ち合わせが行われた。

 2_3_2

今回は、「いじめを許さない教師の会 山形」の後藤克彦先生はじめ、NPOいじめから子供を守ろう!ネットワークの矢内筆勝氏も交え、盛んな話し合いが行われた。

 山形教師の会代表 後藤克彦先生より

  タイトルの『いじめに対して教師はどうあるべきか』というタイトルは、教師がいじめに対してどう向き合うかとぴうことの意思表明である。8月23日には、全国から教師が埼玉に集まる。「いじめ」問題について現場の教師が集結し、しかもそれが全国規模のものであるということは初めてのことであり、この「全国大会」が成功することは世の中に多大なる影響があると思う。「いじめ」が生じたのを教師の問題と考えてしまいがちだが、むしろ「いじめ」を放置することのほうが問題である。多くの教師に呼びかけたい。

 NPO「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」矢内筆勝氏より

  大分事件などもあり、教師への不信感が世間にはある。しかし、教師さえしっかりやってくれれば、「いじめ」問題だって解決できるはず。日本の子供たちを救いたいという教師が、強い熱意をもって全国100万人の教師たちに発信してほしい。子供たちは日本の未来への希望です。

 埼玉教師の会代表 陶山直子先生より

  なかなかなくならない世の中のいじめについて「子供たちをいじめからまもりたい。」「いじめ問題に立ち向かう方法を学びたい。」と私たちは、教師の立場から、いじめを許さない教師の会に参加して学習しています。根の深い悪質ないじめによって悩み、苦しみ、命を落とすこどもがいることは、皆さんご存知の事とおもいます。そんなことが、許されていいはずが、ありません。しかし、いざ、いじめ問題にぶつかった時に子供をどのように救えるのか、深い悩みをかかえる教師もたくさんいます。それぞれのケースによって事情はちがいますが、より早く、より確実にいじめを解決し、子供が本来の姿をとりもどすには、どうしたらよいのか、一緒に考えてみませんか?

お問い合わせ、参加ご希望の方は、TEL08035989637陶山までご連絡下さい。お待ちしております。

 ★ 「いじめを許さない教師の会 第一回全国大会」 ★

  ~  『いじめに対して教師はどうあるべきか』 ~

   8月23日(土) 埼玉県さいたま市浦和区  埼玉会館

Dscf0094 Dscf0093_3   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »